CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< ごぼうと山椒のタルト♪ | main | オンラインショップ「関西スイーツセレクション」スイーツスイーツ紹介vol.7 >>
モダンアートの歴史を刻む”ロールケーキ”

 兵庫県立美術館(兵庫県神戸市)にてで
レンバッハハウス美術館(ドイツ・ミュンヘン市)所蔵
「カンディンスキーと青騎士」展が
26日まで(月曜休館)開催されています。
ミュンヘンで活躍したカンディンスキーは
知る人ぞ知る、モダンアートの巨匠。
今回はこの展覧会の期間中同美術館の
カフェで販売されている「スイーツ」をご紹介します。




ユーハイム(本社:兵庫県神戸市)は、カンディンスキーの代表作で
美術の教科書などでもおなじみの「コンポジション」をイメージして
コラボレーションケーキを創作しました。
カラフルな色遣いと、○▽×などの幾何学模様の組み合わせによる
独特な世界観を持つこの作品をイメージし、
ドイツ人デザイナー・、ペーター・シュミットさんがケーキのデザインをし、
同社の工場長で、ドイツマイスターの称号を持つパティシエ、
安藤明さんの手により、実現したものです。

同心円状にピスタチオとチョコレートのスポンジ生地、
その間にクリームをはさみ、上質のチョコレートや
色鮮やかなフルーツのトッピングを施した極上のスイーツです。
中心部にはシナモンの香りがしっかり効いたクリームと、
果汁味たっぷりのチェリー入り。周囲のスポンジとの相性もピッタリ。
有名なドイツ菓子「シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ」の味の
構成や形の基本を守りつつ、カンディンスキーの世界を見事に表現しています。



開催期間中の土曜日と日曜日、数量限定で美術館内のカフェ、
レストランにてこのスイーツをお楽しみいただけます。
カンディンスキーを視覚と味覚両方で鑑賞できるなんて・・・素敵ですね。




取材中、面白い作品に出合いました。彼の伴侶でもあり、
画家でもあったガブリエーレ・ミュンターの作品「テーブルの男」です。
テーブルに着いているのは勿論カンディンスキー。
静かな午後のティータイムのようでもあります。
テーブルの上には飲物のカップと何とロールケーキのようなお菓子が載ったお皿。
ロールケーキがこの時代のドイツにあったのかどうかわかりませんが、
絵を見る限りロールケーキそのものです。

展示室は第3章の「抽象絵画の誕生―青騎士展開催へ 1911年-1913年」 その存在感のある絵に多くの方が足を止めて見入っていました。

コラボスイーツはユーハイム本店(神戸市中央区)でも期間中、
土日限定で販売しています。展覧会は6月26日(日)まで。
「おやこ解説会」=(6月11日(土)13:30-14:00)、
「学芸員による解説会」=(6月18日(土)16:00-16:45)、
「ミュージアムボランティアによる解説会」=(会期中の毎週日曜日11:00-11:15)
などの関連イベント(無料)も開催されます。詳細はホームページをご覧ください。
http://www.artm.pref.hyogo.jp

(関西スイーツ代表/三坂美代子)

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック